MOLARA調べ、働く女性600名「生理のストレスと仕事のパフォーマンス」調査結果を発表

「新たな選択肢が人生を豊かにする」というミッションを掲げ、女性の社会活躍支援を目的に開発したフェムテック製品、月経ディスク「MOLARA(モララ)」を企画、製造販売する株式会社MONA company(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:向井桃子、以下モナカンパニー)は、2023年12月12日に実施したインターネット調査「MOLARA調べ 生理のストレスと仕事のパフォーマンス」アンケート調査の結果を発表しました。

※調査対象とツールについて:
一都三県に在住
20代から40代の働く女性(会社員、会社経営者、派遣社員、専門職、公務員、自営業を含む)
人数は600人(世代均等割)
クロスマーケティング社のQiqumoを利用

詳しいリリースの詳細は、下記をご覧ください。
働く女性600名「生理のストレスと仕事のパフォーマンス」調査結果を発表! 75%が生理のストレスが無くなれば仕事のパフォーマンスが向上すると回答!
 

働く女性の75%が「生理のストレスが無くなると仕事のパフォーマンスが上がる」と回答



対象となる女性に対して、「仕事中に、生理のストレスが無くなれば、あなたの仕事のパフォーマンスは向上すると思いますか?」と質問しました。「はい、とても向上すると思います」と回答したのが29.8%(179人)、「少し向上すると思います」と回答したのが45.0%(270人)、「あまり変わらないと思います」と回答したのが25.2%(151人)と回答がありました。

つまり75%の女性が生理のストレスが無くなることで、仕事に貢献できると回答したことが分かりました。「女性は、4人に3人の割合で、生理のストレスが原因で仕事に貢献ができてないと実感していることが分かります。この生理に対するストレスを低減できることが出来たら、社会全体にとってもプラスになるのではと思います」(モナカンパニー代表・向井桃子)。
 

生理のストレスの傾向は6つに分類される

「仕事中にストレスを感じている」と回答した446人に対して、「仕事中に、生理が理由でどんなストレスを感じているか」について自由回答を依頼しました。


その結果、大きく6つに分類されました。

1,「ナプキンから横漏れしてないか?」
2,「仕事中に交換できない」、「トイレに行けない」
3,「意味もなくイライラする」、「少しのことでイライラする」
4,生理痛で仕事に集中できない
5,倦怠感や眠気、怠さ
6,臭いが気になる


経血の漏れに対するストレスが3割ととても多く、それに関連して「仕事中に交換できない」、「トイレに行けない」という物理的なストレスも2割を超えました。「意味もなくイライラする」、「少しのことでイライラする」といった内容のコメントも非常に多く、生理痛が酷く、結果として、倦怠感や眠気、怠さを生じたり、仕事に集中できないという声がありました。「生理の血の匂いが苦手という声もありました。
「MOLARAを利用すると、経血を膣の奥で受け止めるため、空気に触れることもなく、いやな臭いがしません。また、ナプキンは3時間おきに交換が必要ですが、MOLARAは12時間交換が不要です。働く女性が抱える生理のストレスが改善できると考えています」(モナカンパニー代表・向井桃子)。

詳しいリリースの詳細は、下記をご覧ください。
働く女性600名「生理のストレスと仕事のパフォーマンス」調査結果を発表! 75%が生理のストレスが無くなれば仕事のパフォーマンスが向上すると回答!